ステンレスなどの金属精密加工のことなら何でもお任せ|ステンレス板金の精密板金.com

ステンレスなどの金属板金加工のお見積もり・お問合せはこちらから

HOW TO MAKE?

一つの箱をとっても加工方法にはたくさんの選択肢が・・・
フレーム構造・セミモノコック構造・モノコック構造・・・
希望材料・希望強度に応じて多種多様な加工方法を提案いたします。

セミモノコック構造

セミモノコック構造とは?

枠組みに各種リブなどに補強された側板を張りつけする。
アングル等でフレームを作り、側面に板を溶接し張りつける。

●設備・治工具が少なく加工可能。

●大物に向き、部品点数がモノコックに比べ多い。

●寸法出しなどに時間がかかるが、柱で支える分強度がある。

セミモノコック構造制作工程

モノコック構造

モノコック構造とは?

枠組みを行わず、曲げなどの加工を施しスポット溶接などで止める。

●量産・小物部品向き。

●強度は少ないが、機械で行う分精度がでる。

モノコック構造制作工程

1つの箱でも制作方法は多種多様。使用場所から用途に合わせた材料・材質(SECC、SEHC、SUS304、2B、その他各種鋼板)で
お客様にぴったりのご提案を致します。小さなことでもまずはお気軽にご相談ください。

ステンレスなどの金属板金加工のお見積もり・お問合せはこちらから